【速報】阿武町4630万問題で残額340万円を田口容疑者が追加返還しようとするも阿武町側が拒否!?

オススメ!オンカジの
LINEオープンチャット!

オンカジって楽しいけどなかなか周りにやってる人がいない…
みんなと情報を集めたり楽しく話したりしたい…

そんな方たちの為にオープンチャットグループ、作りました!

オンカジ大好きな人が集まって
成果報告お得な情報、などについて話していければいいなと思います。

今ならオープンチャット参加特典としてカジノの大人気ゲーム、”ブラックジャック”の攻略法をプレゼント! 入退室は自由なのでぜひチラッと覗いてみて下さい。

>>"オンカジ勢の憩いの場"を覗いてみる<<

山口県阿武町で1世帯10万円の給付金、全世帯分の4630万円を一人に振り込んでしまい、振込を受けた田口容疑者のニュースが以前だいぶ世間を騒がせました。

電子計算機使用詐欺容疑で逮捕に至った田口容疑者。
本日久々に大きな動きがありましたので、これまでの経緯とともにまとめていきます。

なんと、追加で340万円を返還しようとした田口容疑者側の申し出を阿武町サイドが断ったようです。
一体何があったのでしょうか?

4630万円、誤送金の田口翔さんの出納記録

まずは田口翔さんの口座の出納記録について。

4630万円が振り込まれた田口翔さんの口座からは、入金があった4月8日から4月19日までの間、計34回の出金があり、振込の10日後には口座に6万8000円あまりしか残っていないことが分かったそうです。

ちなみに、誤送金される前の残高は「665円」だったそうです…

4月11日には『デビット決済』や『A社』へ1日8回、送金。 そして翌12日には『L社』に300万円、『M社』に400万円を送金。今回の逮捕は、この400万円についてのようです。
その後も、残高はどんどん減り、最終的には6万8743円。

ちなみに、使われたトータルの金額は4633万1922円で、4630万円の誤送金よりも3万円以上多くなっていたとのことです。

そしてこちらで登場した『デビット決済』。今回の記事はこちらのキーワードが肝となります。

その前に、この『A社』『L社』『M社』がネットカジノ代行会社、と言われていますが、このネットカジノ代行会社ってなんなのでしょう?

『A社』『L社』『M社』ネットカジノ代行会社とは?

最初この『ネットカジノ代行』という文言を見て、筆者は

「お金を預けたらネットカジノで増やしてくれる、と謳っている悪質な運用代行会社かな?」

と思ったのですが、どうやらそうではない模様です。

結論から言うと

『ネットカジノ代行』 = 『電子決済サービス会社』 のようでした。

これはオンカジ勢は混乱しますよね。
ネットカジノ代行なんて言葉ふつう使わないので…

ネットカジノ(オンラインカジノ)は海外の法人になるので、カジノゲームをプレイするための入金を『電子決済サービス』を通してカジノ側に行う必要があります。

出金の際も同様で

ネットカジノ→電子決済サービス→当人の口座

の流れで電子決済サービスを一旦挟まなければなりません。

ですので、今回話題になった『ネットカジノ代行』業社は電子決済サービス会社のことのようでした。

有名な電子決済サービス会社ってどこ?

今回の事件のイメージ的に『ネットカジノ代行』=『悪』みたいに思われている方も多いかもしれませんが、これは間違いです。

電子決済サービスを提供しているだけで、それがこの事件の過程で使われただけで健全なサービスであり会社さんたちだと思います。

有名どころだと
・ヴィーナスポイント(現VEGAウォレット)
・エコペイズ
iWallet
・PayPal
とかでしょうか?

【最新版】PayPay電子マネーやPayPalは利用可能?オンカジ出入金2022年度版

↑電子決済サービスについては、詳しくはこちらでまとめているのでお読みください。

田口翔さんはパチンコ依存症だった?

元々この男性はパチンコ依存症で、この山口県阿武町に引っ越してきた…というような情報が散見されましたがこの情報の真偽のほどは現状明らかになっていません。

さらに、卒業文集のテーマは「人生最後の日にしたいこと」。田口翔さんは、人生最後の日に「お金を使い果たす」と書いていたという情報もありましたが、こちらも確定情報は出ていません。

パチンコ依存でお悩みの方は下記の記事を参考にしてください。

【元依存者】がパチンコを辞める方法と失敗する方法を具体的に伝授!更生までの5箇条とは?

 

決済代行会社から約4300万円が返還されていたことが判明

田口翔さんが使ったとされる決済代行会社のうちの1社から、阿武町に約3500万円が返還されていたことが明らかになったそうです。

詳しくは出ていませんがパターンとして考えられるのは

①実際に田口翔さんはオンラインカジノで全額使っていて、そのうちの決済代行会社の1社が補償として阿武町に返還
②実際には田口翔さんは全額はオンラインカジノで使っておらず、決済代行会社内の口座に残っており、その分を返還

という感じかと思います。

個人的には①のパターンかな、と思っています。
遅かれ早かれ本件で田口翔さんが使った決済代行会社の名前はメディアで出てくると思うので、補償という形で返還をしたとなればこの決済代行会社の評判は爆上がりします。

そう考えると、下手に阿武町や国と揉めるより、太っ腹なところを見せて、決済代行業としての安全性や信頼性がアピールできますから、決済代行会社からするとこの3500万円は広告費みたいなものになりますね。

その後、他の決済代行会社からも返還があり、阿武町サイドとしては「4300万円ほどを法的に確保」したと報じられました。

【速報】田口容疑者が残額340万円を追加返還しようとするも阿武町側が拒否!?

本日6月20日、田口容疑者サイドから阿武町側に340万円を追加返還しようとしたところ、阿武町サイドがそれを拒否したと報道がありました。

ポイントをまとめていきます。

ポイント①
この340万円は田口容疑者がネットカジノではなく、デビット決済で使用した金額
ポイント②
阿武町サイドはネットカジノに使われた4300万円ほどは既に決済代行会社からの返金で確保と表明
ポイント③
田口容疑者サイドは、返還を早くしないと利息がかかるので、340万円を現金で用意し阿武町側に返還を打診
ポイント④
しかし阿武町側はこれを「既に確保しているから受け取れない」とこれを拒否

ということだそうです。
うーん。わからん。

ちなみにこの340万円は山口県の方や、本事件の関係者ではなく、東京の人間で「ホワイトナイト」として田口容疑者サイドに貸したようです。

というかデビット決済関係の340万円に関しては、阿武町サイドで確保できた、という報道は今までありませんでした。
どういうことでしょう?

表に出せないルートで阿武町側が340万円を確保?

まだ報道がバラついていますが、阿武町サイドは340万円分に関しても既に確保しているので、「二重受け取り」になるから受け取れない、と拒否したようです。

しかし、今までの報道ではネットカジノ関連の4300万円の返還を受けた、としか報道されていませんでした。
ここで考えられるのは3パターンです。

パターン①デビット決済会社が補填?
パターン②4300万円を返還した決済代行会社(カジノサイド)が340万円も補填?
パターン③阿武町側が表に出せないルートで確保?

このような予想がされています。

デビット決済会社に関しては、後ろ暗いことは何もないので、ここを補填するということに関しては疑問符がつきます。
一番可能性が高いのはパターン②なのかな?と思います。

カジノ側から言えば340万円なんて端金です。
余計な面倒を避けるため、迷惑料として少し多めに阿武町に返還していた、というのは十分考えられると思います。

まとめ

速報で出た情報なので、まだ正確なところは分かりませんが、阿武町サイドも情報の開示がザルな気がしますよね…
正確なところを阿武町側が開示しないと、田口容疑者サイドもどう動いて返還を進めていくのか分からないと思います。

普通に考えて、代理弁護士同士でここらへんの情報交換はされているのが通常だと思いますので、阿武町サイドの行政としての無能さ、闇が垣間みれると思いました。

まだまだこの事件の行方、目が離せない感じになりそうですね…

最後に、当カジノダンジョンではオンラインカジノをこれから始められる方に向けて、日本人に特に人気が高い最大手のオンラインカジノとしても有名なカジノ2つを推奨させて頂いております! 

①日本人に一番人気 有名オンラインカジノ ベラジョン (Vera John)


まず初めに、当サイトが自信をもって、皆さまにオススメするのはベラジョンカジノ(Vera John)です!基本的にここでプレイすることで困るようなことはまずありません!!
最近は、日本向けに新規参入しても、すぐに撤退してしますオンラインカジノも、珍しくないので
最大級かつ、長く利用されている老舗というのは貴重です!
ベラジョンカジノ徹底解説】登録方法・入金・出金・評判・ボーナスなどを紹介 | casimo(カジモ)
何と言っても、お勧め最大の理由は老舗ならではの安定した信頼性の高さです!
全てにおいて安心してプレーヤーが利用できますね!
もちろん様々な入金ボーナスやプロモーションに関しても、ベラジョンは優秀です!

さらに、入出金に関しても初心者にとって分かりやすい仕様になっており、入出金の選択肢が非常に充実しているのもオススメの理由です。

老舗の大手だけあって、ベラジョンも24時間365日安心の日本語対応ですから、初心者のプレイヤーでも安心してオンラインカジノを快適にプレイすることが可能です!!




また、ベラジョンでは初心者が見落としがちな、オンカジで稼いだ時に必要な税金申告の際にもオススメのオンカジですよ!
当サイト(カジノダンジョン)からベラジョンに登録して頂くと、こちらも限定の特別登録ボーナスもありますので、是非ご利用くださいね!
下記のバナーをクリックして、登録していただければ入金不要ボーナスが自動進呈されますよ!


②日本人に一番人気 有名オンラインカジノ ボンズカジノ (Bons)

2つ目に当サイトがオススメするのは日本人専用に作られたボンズカジノ(BONS)です!

ボンズは2019年に開設された日本人向けのオンラインカジノです!

新規のオンラインカジノ?と聞くと皆さんは、安全性に不安を覚えるかもしれませんが、大丈夫!
なんと、ボンズカジノの運営会社はオンラインカジノのcasino-xやジョイカジノも運営している大手です!
ボンズカジノレビュー、知らなきゃ損のオンラインカジノ!
さらに、厳しいと言われるキュラソーライセンスを取得しているので、ご安心ください!
今なら当サイト経由で40ドルの無料登録(入金不要)ボーナスが貰えるので是非お役立てくださいね!
使用方法は詳しくコチラからご確認ください!


公式サイト 公式サイトはこちら
入金不要ボーナス 40ドル(当サイト経由限定)
ゲーム数 2,000種類以上
サポート対応 24時間365日対応
出金限度額 1,000万円

ボンズカジノ(BONS)の特徴は?

ボンズカジノ解説 40ドル無料 入金出金登録方法 メジャースポーツからマイナースポーツまで幅広いジャンルを取り扱っているので、結構ブックメーカーとしてもボンズカジノは秀逸です。
賭ける項目も充実していて試合の勝敗はもちろん、両チームの合計得点やコレクトスコア、クリーンシートといった項目でベットすることもできます。
ちなみにコレ、結構野球やサッカー好きにはたまらないとおもうのですが、なんと、ボンズカジノでは日本のプロ野球やJリーグに賭けることもできます。
日本の試合にベットしたい方には、特にボンズカジノはおすすめですよ!


また、ボンズカジノは日本人ユーザー向けに作られたサービスなので、日本円表記になっているのも特徴です。
意外とややこしいドルやユーロ表記と違って残高の計算が不要なので、快適にプレイできますよ!
さらに、入金に際、利用できるクレジットカードの種類が豊富で、VISAやmastercardだけでなく、AMEXやJCBにも対応しています!
(一般的にAMEX・JCBは、対応していない所が多いです。ちなみにラキニキなどは対応してません)
もちろん安心の24時間、日本語対応OKです!