こんにちは、カジノダンジョンのパーティー番長・パリカワパリオです。

今回は、「カジノの王様」と言われるバカラについて調べてみます。

バカラはシンプルながら、奥が深いゲームです。

人を魅了してやまないゲームの魅力を探ってみます。

オンカジバカラの基本的なルール

バカラはトランプを使ったカードゲームです。

バカラは「プレイヤー」「バンカー」という仮想の対戦相手のどちらが勝つかを

予想するゲームです。

バカラは引き分けのことも極まれにありますが、基本的には「プレイヤー」「バンカー」

のどちらかが勝つ訳で、理論上勝率は50%です。

オンカジバカラのルール

バカラではディーラーが「プレイヤー」「バンカー」にそれぞれ2枚ずつの手札を配り、

手札の合計値の下1桁が「9」により近い方が勝利となります。

このとき、A~9までのカードはすべてその数字どおりに扱われますが、

10~Kのカードはいずれも「0」として扱われます。

バカラは「プレイヤー」「バンカー」という仮想の対戦相手のどちらが勝つか

を予想するゲームなので、このとき「プレイヤー」が勝つ方に賭けていたプレイヤーは

配当を獲得し、「バンカー」の勝利、もしくは引き分け(タイ)に賭けていたプレイヤーは

ベットしたチップを没収されます。

引き分け、つまり「プレイヤー」「バンカー」の手札の合計値の下1桁

同じ数になる確率はかなり低いため、

バカラは「プレイヤー」が勝つか「バンカー」が勝つかを予想する

二者択一のゲームだといえるでしょう。

オンカジバカラの流れ

  1. 「プレイヤー」「バンカー」「引き分け」のいずれかにチップをベットする。
  2. 「プレイヤー」「バンカー」にそれぞれ2枚ずつ手札が配られる。
  3. 双方ともにカードの合計値に応じて、手札に3枚目のカードを加える。
  4. 勝敗が決定する。

3.双方ともにカードの合計値に応じて、手札に3枚目のカードを加える。に関して

説明を加えます。

3枚目を加えるかどうかは、私たちプレイヤー・ディーラーに選択権はなく、

ルールが決まっています。

「プレイヤー」「バンカー」ともに、手札に3枚目のカードを加えるかどうかは、

2枚のカードの合計値の下1桁によって決定します。

ディーラーの意思が反映されることはないので、公平性が崩れる心配はありません。

「プレイヤー」に3枚目が配られるパターン

「プレイヤー」に3枚目のカードが配られるのは手札の合計値の下1桁が

「5以下」かつ「バンカー」の手札の合計値の下1桁

「8」「9」以外のときだけです。

次に「バンカー」の番ですが、「バンカー」の場合は少し複雑になります。

「バンカー」に3枚目が配られるパターン

「バンカー」に3枚目のカードが配られる条件は6パターンです。

  • 手札の合計値の下1桁が「2以下」の場合
  • 手札の合計値の下1桁が「3〜6」かつ「プレイヤー」が3枚目を引いていない場合
  • 手札の合計値の下1桁が「3」かつ「プレイヤー」が3枚目を引き、そのカードの値が「8以外」だった場合
  • 手札の合計値の下1桁が「4」かつ「プレイヤー」が3枚目を引き、そのカードの値が「0」「1」「8」「9」以外だった場合
  • 手札の合計値の下1桁が「5」かつ「プレイヤー」が3枚目を引き、そのカードの値が「1」「4」「5」「6」「7」のいずれかだった場合
  • 手札の合計値の下1桁が「6」かつ「プレイヤー」が3枚目を引き、そのカードの値が「6」「7」のいずれかだった場合

「バンカー」に3枚目が配られないパターン

「バンカー」の手札の合計値の下1桁が「7以上」の場合には

手札に3枚目のカードは配られません。

また、「プレイヤー」の手札の合計値の下1桁が「8」もしくは「9」の場合には

上記の条件を満たしていても3枚目のカードは配られません。

つまり、「プレイヤー」「バンカー」どちらか片方でも

手札の合計値の下1桁が「8」か「9」なら最初に配られた2枚の手札

勝負をおこなうということです。

ここまでが、オンカジバカラの流れとルールです。

少し複雑なのですが、慣れて行きましょう。

キングオブカジノ『バカラ』

「プレイヤー」が勝つか、「バンカー」が勝つか、確率の低い引き分けしかないので、

基本的にはどちらにかけても勝率はほぼ50%です。

勝負勘勝負運が命運を左右します。

しかし、「カジノの王様」と言われるバカラにこれまで数えきれない人々が

魅了され挑戦し、歓喜と敗北の涙を流してきたことでしょう。

その歴史の中で先人達が苦心の末に編み出してきた戦略があるそうです。

その一端をご紹介します。

バカラ10の戦略

  1. マーチンゲール法
  2. モンテカルロ法
  3. ココモ法
  4. パーレー法
  5. ウィナーズ投資法
  6. グッドマン法
  7. バーネット1326法
  8. 2in1法
  9. イーストコーストプログレッション法
  10. オスカーズグラインド法

    その他にもこうした戦略をさらに応用したものもあるようです。

    理論と実践により導かれた数々の戦略があるんですね。

    今回はそれぞれの戦略に関しての説明は致しませんが、

    また各戦略を研究していって、ご紹介できればと思います。

    映画「キングダム」を見て、天下の大将軍になりたくなっちゃったパリカワでした😸

     

     

     

    オリンピックをブックメーカーで10倍楽しもう!

    間もなく東京オリンピックが始まります。
    開催自体がどうなの?みたいな意見もありますが、私はせっかく開催するのであればめいっぱい楽しみたいと思っています。
    TVの前でビールを用意して昼間っから飲みながら家族や友達と観戦…
    これでも十分楽しいと思いますが、さらに10倍オリンピックが楽しむ方法があるんです。
    それがブックメーカー
    どのチームがメダルを獲得するか、金メダルを一番獲得するのはどの国なのか?
    それぞれの国が何枚メダルを獲得するのか?
    等を予想して自分の好きな金額を掛け、予想が当たれば倍率に応じてお金がもらえます。
    2012年のオリンピックではウイリアムヒルというブックメーカーで”開会式にUFOが飛んでくるか?”なんて面白いベットもありました(ちなみに飛んで来たら1000倍以上でした)。
    金額なんてちょこっとでも全然OK!掛けることで今思ってるよりも何倍も観戦が楽しくなります。
      初め方がわからない…という方のために、当サイトでオススメのブックメーカーを2つ紹介したいと思います。

    その1 Sports BET(スポーツベット)

    1つ目に紹介するのはスポーツベット、ここはボーナスがたくさんもらえるのがありがたいです。
    当サイトから登録するだけで30$分のボーナスが貰えますので、初めはそれを使って楽しんでみるのもいいですね。
    (アカウント登録後にチャットサポートに登録ボーナスの30$を下さいと話かけて下さい)
    仮想通貨入金ができるのも魅力の一つ、入出金が手早く行われます。

    ↑スポーツベットの登録はこちらから↑


     

    その2 William Hill(ウイリアムヒル)

    次はこちら、ウイリアムヒルはブックメーカーの中でもかなり歴史をもっていて(なんと創業が1934年!)世界中で最も信頼されるブックメーカーです。
    セリエAのサッカーの試合を見ているとスポンサー企業としてよく名前を見かけます。
    ブックメーカーは日本ではあまり馴染みがないですが、実は海外ではすごい盛り上がりを見せています。
    ウイリアムヒルは上でも書いた”オリンピックの開会式にUFOが飛んでくるか?”を出してたところ。
    他にも個性的な面白い案件を出してくるのでそういうのを楽しみたい方はどうぞ。

    ↑ウイリアムヒルの登録はこちらから↑