間もなく始まる東京オリンピック、過去に例をみない想定外の状況での開催となってしまいましたが、やるからには応援したい!出場選手に非はないので、日本代表選手のためにも、少しでも中継やオンラインなどの環境で楽しめるといいなと思います。

当サイトではオリンピック期間中は力を入れて更新していこうと思いますのでよかったら覗きに来ていただければと思います。

さて、サーフィン・スケートボードに引き続き、こちらも東京2020オリンピックからの初採用の新競技であるスポーツクライミング!

以外と馴染みが薄いというか、正直イメージが付きにくい競技だと思いますので、少し競技の説明なんかも加えながら、競技日程と日本代表選手を紹介いたしますね!

東京2020オリンピック大会からの初採用の競技スポーツクライミングとは?

競技概要

東京大会からの新競技であり、基本的には壁に設定されたホールドを支えにして道具を使わず登る競技です。

スポーツクライミングには3種目があり

  • 同じ条件で設置された高さ15mの壁を2人が同時に登り速さを競う「スピード」
  • 高さ約4mの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」
  • 制限時間内に高さ12m以上の壁のどの地点まで登れるかを競う「リード」

オリンピックでは3種目の総合成績で争い、各種目の順位の掛け算で順位が決まります。つまり、どの選手にも得手不得手があるため、2種目終了時点では最終順位の予測がほぼできないというところも面白い競技でもあります。

この競技の魅力は、普通ではありえない瞬発力や持久力といった身体能力や技術を、私達が目の当たりにできる点だけでなく、選手たちにコースの攻略方法を考える力が試されるこということですね、新競技スポーツクライミングは知的で冷静な頭脳プレーも同時に楽しめる、今季大注目の新採用競技なのです。

種目によって安全確保のためのロープなどの器具は装着するが、登るためには道具の使用は許されず、素手とクライミングシューズのみで選手たちは壁に挑むことになります

ボルダリングとリードについては、攻略性の観点から、公平を期すために他の選手のクライミングを見ることはできず、なんと競技前の選手は隔離されていている。競技開始直前に全員に数分に限りルートを見る時間が与えられるという、観戦する側もドキドキ、ハラハラするハードな競技です。

東京2020オリンピック大会 スポーツクライミング競技日程一覧

競技日程一覧スポーツクライミング

8月3日(火)

時間

午後500分〜午後1040

場所

青海アーバンスポーツパーク

男子複合予選スピード

男子複合予選ボルダリング

男子複合予選リード

8月4日(水)

時間

午後500分〜午後1040

場所

青海アーバンスポーツパーク

女子複合予選スピード

女子複合予選ボルダリング

女子複合予選リード

8月5日(木)

時間

午後530分〜午後1020

場所

青海アーバンスポーツパーク

男子複合決勝スピード

男子複合決勝ボルダリング

男子複合決勝リード

男子複合表彰式

8月6日(金)

時間

午後530分〜午後1020

場所

青海アーバンスポーツパーク

女子複合決勝スピード

女子複合決勝ボルダリング

女子複合決勝リード

女子複合表彰式

【スポーツクライミング】東京五輪日本代表選手一覧

楢崎 智亜

ならさき ともあ

出身地

栃木県

生年月日

1996/06/22

種目

スポーツクライミング男子複合

野口 啓代

のぐち あきよ

出身地

茨城県

生年月日

1989/05/30

種目

スポーツクライミング女子複合

野中 生萌

のなか みほう

出身地

東京都

生年月日

1997/05/21

種目

スポーツクライミング女子複合

原田 海

はらだ かい

出身地

大阪府

生年月日

1999/03/10

種目

スポーツクライミング男子複合

【スポーツクライミング】東京五輪日本代表 注目の選手

やはり、最も注目したいのは、東京大会を現役最後の場とすると表明している。スポーツクライミング女子の第一人者、野口啓代(32)選手だろう「最初で最後。思い切り楽しみたい」。とコメント、先月25日のスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)では、オーストリアのインスブルックでのリードの決勝戦で3位にもなったことから気合十分ですね!

また、同じくオーストリアのインスブルックで26日に行われた、スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)男子では、ボルダリング第4戦の決勝が行われ、楢崎智亜が2位となったことにも注目ですね!

オリンピックをブックメーカーで10倍楽しもう!

間もなく東京オリンピックが始まります。
開催自体がどうなの?みたいな意見もありますが、私はせっかく開催するのであればめいっぱい楽しみたいと思っています。
TVの前でビールを用意して昼間っから飲みながら家族や友達と観戦…
これでも十分楽しいと思いますが、さらに10倍オリンピックが楽しむ方法があるんです。
それがブックメーカー
どのチームがメダルを獲得するか、金メダルを一番獲得するのはどの国なのか?
それぞれの国が何枚メダルを獲得するのか?
等を予想して自分の好きな金額を掛け、予想が当たれば倍率に応じてお金がもらえます。
2012年のオリンピックではウイリアムヒルというブックメーカーで”開会式にUFOが飛んでくるか?”なんて面白いベットもありました(ちなみに飛んで来たら1000倍以上でした)。
金額なんてちょこっとでも全然OK!掛けることで今思ってるよりも何倍も観戦が楽しくなります。
  初め方がわからない…という方のために、当サイトでオススメのブックメーカーを2つ紹介したいと思います。

その1 Sports BET(スポーツベット)

1つ目に紹介するのはスポーツベット、ここはボーナスがたくさんもらえるのがありがたいです。
当サイトから登録するだけで30$分のボーナスが貰えますので、初めはそれを使って楽しんでみるのもいいですね。
(アカウント登録後にチャットサポートに登録ボーナスの30$を下さいと話かけて下さい)
仮想通貨入金ができるのも魅力の一つ、入出金が手早く行われます。

↑スポーツベットの登録はこちらから↑


 

その2 William Hill(ウイリアムヒル)

次はこちら、ウイリアムヒルはブックメーカーの中でもかなり歴史をもっていて(なんと創業が1934年!)世界中で最も信頼されるブックメーカーです。
セリエAのサッカーの試合を見ているとスポンサー企業としてよく名前を見かけます。
ブックメーカーは日本ではあまり馴染みがないですが、実は海外ではすごい盛り上がりを見せています。
ウイリアムヒルは上でも書いた”オリンピックの開会式にUFOが飛んでくるか?”を出してたところ。
他にも個性的な面白い案件を出してくるのでそういうのを楽しみたい方はどうぞ。

↑ウイリアムヒルの登録はこちらから↑