オリンピック 2020 ボクシング
東京オリンピックのボクシングに関しては、ボクシングの国際競技連盟である国際ボクシング連盟(AIBA)に対して、財政、ガバナンス、倫理及び審判の分野における問題があるとしてIOCから除名及び競技のオリンピック除外が検討された経緯がありましたね。

一時は開催が危ぶまれたボクシングですが、特別作業部会(ボクシング・タスクフォース)が開催権を持つことで、無事開催にこぎ着けることができました。ボクシングファンの皆様は胸を撫で下ろしたのではないでしょうか?

というわけで東京オリンピック2020、ボクシングの日程や出場選手などについて見ていきたいと思います。

東京オリンピック2020 ボクシングの日程について

 

 

 

 

 

まずは日程、7/24~8/8の間、15日間、両国国技館で行われます。

詳細な日程は以下の通り

男女フェザー、ウェルター、ヘビー予選ほか 7/24(土) 11:00-20:30 国技館
男女フェザー、ウェルター、ヘビー、スーパーヘビー予選ほか 7/25(日) 11:00-21:00 国技館
男女フェザー、フライ、ミドル予選ほか 7/26(月)11:00-21:00 国技館
男女ウェルター、ヘビー、ライト予選ほか 7/27(火) 11:00-20:45 国技館
男女フェザー、ミドル、ライトヘビー予選ほか 7/28(水) 11:00-20:45 国技館
男女ミドル、スーパーヘビー、フライ予選ほか 7/29(木) 11:00-20:10 国技館
男女ライト、ヘビー、ライトヘビー、ウェルター準々決勝ほか 7/30(金) 11:00-20:10 国技館
男女フェザー、フライ、ライト、ミドル準決勝ほか 7/31(土) 11:00-19:55 国技館
男女フェザー、ウェルター、ミドル、ライトヘビー、スーパーヘビー、フライ準決勝ほか 8/1(日) 11:00-19:40 国技館
女子フェザー決勝、男子ウェルター決勝ほか 8/3(火) 11:00-19:40 国技館
男子ライトヘビー決勝ほか 8/4(水) 14:00-16:10 国技館
男子フェザー決勝ほか 8/5(木) 14:00-16:10 国技館
男子ヘビー決勝ほか 8/6(金) 14:00-15:40 国技館
男子フライ、女子フライ、男子ミドル、女子ウェルター決勝 8/7(土) 14:00-15:55 国技館
女子ライト、男子ライト、女子ミドル、男子スーパーヘビー決勝 8/8(日) 14:00-15:55 国技館

です。

男子、女子共に階級ごとに出場選手数が異なっており、合計で男子186名、女子100名の計286名が出場予定です。

試合は1ラウンド3分×3ラウンド、採点は5人のジャッジによるラウンド・マストシステムで行われます。

ボクシング 日本の出場選手

次に出場選手です。

女子フェザー級  入江聖奈(日体大)

 

 

 

 

 

女子フライ級  並木月海(自衛隊)※並木選手は総合格闘家の那須川天心さんと幼なじみだそうです。

 

 

 

 

 

 

男子ウェルター級  岡沢セオン(INSPA)

 

 

 

 

 

 

男子フライ級  田中亮明(岐阜・中京学院大中京高教)

 

 

 

 

 

 

 

男子ライト級  成松大介(自衛隊)

 

 

 

 

 

 

男子ミドル級  森脇唯人(自衛隊)

 

 

 

 

以上の6名が東京オリンピックに出場する予定です。

日本はボクシングで金メダルは取れるのか?

ちなみにボクシングにおいてオリンピックでメダリストに輝いた日本人はわずか5人なんです。

しかし、2012年に大きな転機が訪れました。ロンドンオリンピックで村田諒太選手が男子ミドル級で48年ぶりの金メダル、清水聡選手が44年ぶりの銅メダルをとりましたね。

これにより日本男子ボクシングへの注目度は世界的に見て、一気にあがったようです。

第二の村田、清水となる選手が出てくると嬉しいですね。

女子に関しては未だ日本人からはメダリストが誕生していないので、今年、日本女子ボクシング界初のメダリストの誕生をこの目で見てみたいものです。

特に今年はかなり特殊な状況下での開催ですし、開催国である日本人が環境的に有利な面もあると思います。

ぜひとも頑張って欲しいですね!

オリンピックをブックメーカーで10倍楽しもう!

間もなく東京オリンピックが始まります。
開催自体がどうなの?みたいな意見もありますが、私はせっかく開催するのであればめいっぱい楽しみたいと思っています。
TVの前でビールを用意して昼間っから飲みながら家族や友達と観戦…
これでも十分楽しいと思いますが、さらに10倍オリンピックが楽しむ方法があるんです。
それがブックメーカー
どのチームがメダルを獲得するか、金メダルを一番獲得するのはどの国なのか?
それぞれの国が何枚メダルを獲得するのか?
等を予想して自分の好きな金額を掛け、予想が当たれば倍率に応じてお金がもらえます。
2012年のオリンピックではウイリアムヒルというブックメーカーで”開会式にUFOが飛んでくるか?”なんて面白いベットもありました(ちなみに飛んで来たら1000倍以上でした)。
金額なんてちょこっとでも全然OK!掛けることで今思ってるよりも何倍も観戦が楽しくなります。
  初め方がわからない…という方のために、当サイトでオススメのブックメーカーを2つ紹介したいと思います。

その1 Sports BET(スポーツベット)

1つ目に紹介するのはスポーツベット、ここはボーナスがたくさんもらえるのがありがたいです。
当サイトから登録するだけで30$分のボーナスが貰えますので、初めはそれを使って楽しんでみるのもいいですね。
(アカウント登録後にチャットサポートに登録ボーナスの30$を下さいと話かけて下さい)
仮想通貨入金ができるのも魅力の一つ、入出金が手早く行われます。

↑スポーツベットの登録はこちらから↑


 

その2 William Hill(ウイリアムヒル)

次はこちら、ウイリアムヒルはブックメーカーの中でもかなり歴史をもっていて(なんと創業が1934年!)世界中で最も信頼されるブックメーカーです。
セリエAのサッカーの試合を見ているとスポンサー企業としてよく名前を見かけます。
ブックメーカーは日本ではあまり馴染みがないですが、実は海外ではすごい盛り上がりを見せています。
ウイリアムヒルは上でも書いた”オリンピックの開会式にUFOが飛んでくるか?”を出してたところ。
他にも個性的な面白い案件を出してくるのでそういうのを楽しみたい方はどうぞ。

↑ウイリアムヒルの登録はこちらから↑