【令和最新版】オンラインカジノ確定申告はこれだけでOK!
ご訪問ありがとうございます!楽しく読んでもらえるように頑張って更新してます!
よろしければ当サイトオススメ記事もご覧下さい。
カジノシークレット、ボーナス上乗せキャンペーン
オンカジを副業にするなら必見!
ベラジョンカジノの還元率TOP10
 

こんにちは、迷える冒険者達の味方カジノダンジョンの宿屋主人ことロビンです!

今年も確定申告の時期ですね!そんな訳でちょっと面倒な時期をサクッと乗り切るための虎の巻!オンライカジノ確定申告、まるわかり編ということで今回の記事を書いていきたいと思います。これを読めば確定申告も楽勝ですよ!

それでは早速!

【令和最新版】オンラインカジノ虎の巻
  • オンラインカジノの確定申告にかかる税金の種類は?
  • 給与所得者は一時所得で申告!オンラインカジノ確定申告時における注意点
  • オンラインカジノ確定申告における経費と特別控除の計算ルール
  • オンラインカジノ確定申告で申告が不要なケースもある
  • 【メリット・デメリット】オンラインカジノ確定申告を個人事業主等の事業所得で申告する場合
  • オンラインカジノで確定申告の際に会社に副業がバレない為の住民税対策
  • オンラインカジノの確定申告で必要な支払調書をカジノからもらう方法
  • 手続き簡単で確定申告も楽勝なユーザーに優しいオススメのオンラインカジノは?

オンラインカジノの確定申告にかかる税金の種類は?

オンラインカジノで得た所得は一時所得になる

まず始めに、こちらが通常の方が(副業や給与所得者)オンラインカジノで得た収益を、確定申告時に申告する一時所得を算出するために必要な計算式となります。

総収入金額というのは、分かりやすく他のギャンブルを例に出すと、競馬や競輪などでレースを当てて受け取った配当金のことです。「その収入を得るために支出した金額」というところが、事業所得で言うところの経費の部分に当たります。

給与所得者は一時所得で申告!オンラインカジノ確定申告時における留意点

先ほど述べたように一般的な給与所得者(サラリーマン)の方は一時所得でオンラインカジノの収益を確定申告書します。確定申告書の書類はA様式となります。

一時所得として儲けが出た場合、50万円の特別控除があるので、その範囲内であれば課税されません。(オンラインカジノの収益を確定申告しなくてよいという事ではありません。あくまで、申告した上で控除を受ける必要があります。)また一時所得は、給与所得などと合算する前に1/2とするというルールもありますので、忘れないようにしてくださいね。例えば、オンカジでの確定申告が必要な収益が、経費と特別控除を引いたうえで、100万円だったとすると、給与所得との合算時はその半分、つまり50万で良いわけです。
オンラインカジノの確定申告時は節税ポイントとして押さえておいてください。

オンラインカジノ確定申告における経費と特別控除の注意点

今回は、分かりやすく競馬の払戻金を例にしますね。

例えばJRA競馬一日分全てのレース、つまり12レース毎に各1万円分馬券を購入したとします。この時点で、支出金額は12万円となります。しかし結果、予想が的中したのは、当日その内の1レースだけだった場合、12万円の支出のうち的中したレースに該当する1万円のみが「その収入を得るために支出した金額」となります。

つまり、一時所得における考え方では「その収入を得るために支出した金額」=その収入が生じた行為の原因の発生に伴う金額に限るという考え方となっているためです。
ですので、オンカジでの経費でも同様に、基本的には勝利して配当金を獲得した場合のPLAYの時に生じた資金(元手)が「その収入を得るために支出した金額」にあたります。

例外的に「外れ馬券でも必要経費となりうる」と判断された例
  • 前途の例でいうところの、残りの11レース11万円分の購入も経費となった判断が示された判例があります<20171215日最高裁等々>
  • ただしこれ等は「営利目的で継続的に購入」あるいは「自動購入ソフトを利用していた」などの理由で所得の区分が「一時所得」ではなく「雑所得」として認定された事例です。
  • オンラインカジノ等での偶然的な利益は基本的に一時所得に区分されると考えて問題ないです。

「特別控除額(50万円)」のルールと注意点

例えば、同じギャンブルでもAさんは競馬と競輪を趣味でしていたとします。競馬では払戻金で年間100万の儲け(前途の競馬での総収入から経費を引いた金額)があったとします。さらに競輪では20万円の損失(競輪での総収入から経費を引いた金額がマイナスだった)があったと仮定します。この場合の「特別控除額(50万円)」の使い方は、100万円の競馬の儲けから20万円の競輪での損失を引いた後に、50万円を限度として特別控除額を差し引くことになります。

一時所得が生じた取引の区分(競馬・競輪・オンカジなど取引が違ったとしても)ごとに特別控除額50万円があるのではなく、一時所得全体からの特別控除50万円があるという考え方となっています。つまり、競馬の儲けから50万控除して、さらに他のギャンブル、例えばオンカジの儲けからも50万を控除することは出来ないということですね。まぁ当然といえば当然ですね()

なお一時所得内で、特別控除額を差し引く前に儲けから損失を差し引くことを「内部通算」といいます。例えば場合によっては、損失額が儲けの金額を上回ることも想定でき、この場合は一時所得全体ではマイナスとなりますが、この損失は他の所得との相殺はできません。所得の区分を超えて差し引き処理することを「損益通算」といいますが、この一時所得の損失は損益通算の対象とされていないので注意が必要です。

オンラインカジノ確定申告で申告が不要なケースもある

一時所得は、20万円以下は確定申告が不要
  • この所得20万円ですが、その収入を得るために支出した金額や特別控除を差し引いた金額のため注意してください。
  • 「単純にオンラインカジノで獲得した金額が20万円以下の場合、確定申告が必要になる」ということではありません。

またオンラインカジノでの一時所得が20万円以下でも、以下のケースに当てはまる場合は、確定申告が必要です

タイトルが入ります。一時所得が20万円以下でも確定申告が必要な方
  • 年収2000万円以上
  • 給与所得以外の所得が合算して20万円以上の場合 (例)一時所得15万円、雑所得15万円な
  • 給与を2カ所以上から受け取っている人 等々

【メリット・デメリット】オンラインカジノ確定申告を個人事業主等の事業所得で申告する場合

次に、個人事業主となり事業所得としてオンラインカジノの収益を確定申告してみた場合のケースを考えてみました。事業所得としてとしてオンラインカジノの収益を申告できるのか?という問題は、事業形態の捉え方によると思いますので、ここでは省きます。(一案として例えば、オンラインカジノでの攻略法をレクチャーする教材を売り出す為に、オンラインカジノを実践して得た収益という考え方なら成り立つ可能性もありますが、こちらは税理士さん等々にご相談ください。)今回はオンラインカジノで個人事業主となった場合の節税や税金対策のメリットとデメリットのみを想定して挙げてみました。

オンラインカジノの確定申告時に個人事業主となるメリット
  • 青色申告書類が使える。青色申告書を利用すると最大控除55万円が受けられます。
  • 経費として計上できるものが増える
  • 損失や赤字の繰り越しができる
  • 事業所得は本業の所得と損益通算ができる
  • 青色専業専従者給与を使うと、家族に支払う給料を経費にできる

 

オンラインカジノの確定申告時に個人事業主となるデメリット 
  • 個人事業主の場合は失業保険がもらえない
  • 副業禁止の会社で副業がバレることで、最悪の場合は会社を解雇になる可能性あり
  • 個人事業主で青色申告を行う場合、簿記の知識が必要なので通常の申告より複雑になる

    オンラインカジノで確定申告の際に会社に副業がバレない為の住民税対策

    まず、前提として一時所得でなく、副業として事業としてオンラインカジノを実践して稼いでいった場合にありうるケースとして知っておいて頂きたいのは、副業を禁止する法律は存在しないということです。ですから法律的には副業禁止の会社で副業がばれても、なんら法律違反にはならないのです。

    しかし会社の就業規則には、ほとんどの場合違反する事になりますので、こちらに抵触するということで、解雇の可能性がありうるということですね。最近は副業OKの会社も増えてきていますので、就業規定を一度チェックしてみることもオススメします。

    さて、会社に副業がばれるのは、ほとんどの場合、あなたが住んでいる市区町村の役所があなたの住民税を特別徴収(給与から天引き)するにあたって、あなたが勤めている会社に「特別徴収税額決定・変更通知書(納税義務者用)」を送付することがキッカケとなります。ですからその対策としてオンラインカジノの確定申告時に以下のことをしてみましょう。

    副業が事業所得や雑所得の場合には、副業の所得が20万円を超えると確定申告が必要になりますが、その際に所得税申告書の第二表の「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」欄で「自分で納付」にチェックをすることで、住民税は、普通徴収として徴収されることになり、役所から本人宛に自宅へ納付書が送られてきます。給与所得に係る住民税は、通常通り会社で給料から天引きとなります。

    オンラインカジノの確定申告で必要な支払調書をカジノからもらう方法

    さて確定申告では以下の3つの書類が必要になります。

    確定申告で必要な書類3点
    • 源泉徴収票
      その年1年間に会社から支払われた給与等の金額と、自分が支払った所得税の金額が記載された書類です。年末年始頃に企業から受け取れます。
    • 経費の領収書
      平成26年(2014年)分から白色申告の記帳義務化が始まっているため、白色申告で所得300万以下のケースでも、念のためしっかりと整理して補完しておくことをオススメします
    • 支払調書
      年末年始頃にオンラインカジノから受け取る。基本的に支払調書はカスタマーサポートに連絡することで、郵送やメールなどで送付してくれますが、万が一カジノが対応できない場合は、自分で収支明細を作成またはダウンロードし、賭け金が分かる画面のキャプチャも撮っておくことが必要です。

    手続き簡単で確定申告も楽勝なユーザーに優しいオススメのオンラインカジノは?

    当サイトでも何度もオススメしており、日本人プレイヤーに最も選ばれている有名オンラインカジノであるベラジョンカジノでは以下の方法で収支明細を非常に簡単に確認可能です。

    ベラジョンカジノ収支明細の見方
    • STEP1 マイページにログイン
    • STEP2 マイカジノをクリック
    • STEP3 取引履歴からゲーム履歴をクリック

    また、過去12カ月より以前の取引履歴も必要に応じてカスタマーサポートで問い合わせ対応してくれるので、オンラインカジノの確定申告の時にも安心ですよ!